医師求人の探し方を父に教わり地方の病院の精神科へ採用された話

近所で自分の専門の精神科の求人を発見

父の勧めでネットで医師の求人検索 / 近所で自分の専門の精神科の求人を発見 / 職場のストレスや悩みは田舎の方が深刻?

父はこの周辺で募集をしている、医師求人の情報が載っているサイトを出してくれました。
見てみると私の専門である精神科の名前が出ていたので、父に頼んでそのページを印刷させてもらいました。
ページに書かれている電話番号へ連絡を入れると、受付が電話に出たので、ネットで募集をしているのを見たと話しました。
担当の者と変わりますのでしばらくお待ち下さいと言うので、のんびり待っていると、お待たせしましたと言う声が聞こえてきました。
精神科の医師として働きたいと伝えると、今から面接に来ることが可能ですかと聞いてきたため、大丈夫ですと応じました。
父に面接に行ってくると言うと、頑張れよと大きな声が返ってきました。
病院はこの地域ではやや大きい施設で、子供の頃に何度かお世話になったことがあるため、住所は既に頭に入っています。
駐車場に車を停め、やや早足で院内に入り受付に話しをすると、さっきの電話の声の人が登場しました。
その人に案内されて客室に行き、履歴書を手渡しました。